Symbolic Math Toolboxのpretty関数の表示幅を固定する方法

Symbolic Math Toolboxのpretty関数の表示幅を固定する方法

pretty関数について

Symbolic Math Toolbox を使っていると,コマンドウィンドウに表示される式が非常に読みづらくてつらく感じることがよくあります. 特に分数や括弧が多数登場する場合には,目で追うだけではとても式の形を確かめられません.

長すぎて読めない

そんなときに便利なのが pretty 関数です.

とってもpretty

コマンドウィンドウのサイズに合うように出力してくれてとってもprettyなのですが,場合によってはそれのせいでかえって読みづらくなってしまう場合があります. そこで,この出力の幅を固定したいというのが今回の話題です.

方法

setappdata 関数を使って,SymObjectPrettyWidth プロパティをいじります.

setappdata(0, 'SymObjectPrettyWidth', 1000);

1000の部分を好きな数字に変更してください. これで,コマンドウィンドウのサイズにかかわらず同じように表示されるようになります.

式が勝手に折り返されなくなった!

ドキュメントにないけど?

edit pretty を実行すると,pretty 関数のソースコードを見ることができます. そのコードの中で,SymObjectPrettyWidth が指定されているかどうかで表示の仕方が分岐しているため,今回のようなことが可能になっています.

参考文献

Share Comments