Maker Faire Tokyo 2016 で世界最小?のLEDキューブを展示してきた

Maker Faire Tokyo 2016 で世界最小?のLEDキューブを展示してきた

Maker Faire Tokyo 2016

8/6,7と行われた Maker Faire Tokyo 2016 (MFT2016) で,東工大ロボット技術研究会のブースを間借りしてちょろっと展示をしてきました.
Make系のイベントには以前から参加しており,最近良く聞く言い回しで言うと展示は3年ぶり3回目です.
数えてみると意外と展示してませんね.

1回目(MTM07@東工大)はこんなのを:

2回目(MFT2012@科学未来館)はこんなのを展示しました:

今回は,2回目に展示した全方向移動車を少し改良したものと,自称世界最小のLEDキューブを展示しました.

報告は続きから.

世界最小? LEDキューブ

まずは画像をご覧いただきましょう.

だいたい8mm角です 手前にNucleo F303K8が乗っかってます

お分かりいただけただろうか.
表面実装のフルカラーLEDを面として使ってLEDキューブを作ってみたという作品です.

光っている様子はこの動画に:

あまりにも小さすぎて展示しているのが傍目から全くわからないという状況になりました.

赤で囲まれているのが今回のLEDキューブが乗っかったブレッドボードです

見せ方が悪すぎですね.今回相当慌てて2日ほどで作ったというのもあるので,今後の課題です.
技術的な話は,別記事にまとめようと思います.

楽しかった(小学生並みのなんちゃら)

まずは,ブースに足を運んで展示を見てくださったみなさま,ありがとうございました.
やはり展示をするというのは,見ているだけよりも楽しいな,と改めて感じました.

特に,Twitterでフォローし合っているもののお互いに話したことがなかった方が来てくださったり,「RTで回ってきたので見に来ました!」なんて方もいたりして,Twitter恐るべしと思うとともに,もうちょっと技術的な話をつぶやいた方がいいかもなぁと自省いたしました(いつもうるさくてすみません).

それからもちろん,普段からお世話になっているたくさんの皆さんに久しぶりに近況報告ができたり,企業ブースで学生向けの耳寄りな情報をゲットできたりと,いろいろな楽しみ方ができたのが今回のMFTで良かったポイントかなぁと個人的に思います.

以下,お粗末なネタ写真

通称「ドップラー」を食べるおかゆくんのロボット 打ち上げはもちろん焼肉